2011年12月12日

世界一周準備!【予防接種】編

ワタクシ、どんどんと高貴なカラダになってきています黒ハート

というのも、海外旅行の為の予防接種って、結構お高いんです・・・


予防接種は日本でも海外でも受けられます。
海外(アジアの病院)で受ける方が予防接種の費用が安いと聞くので、
衛生面も問題ないらしいので、私は試しに受けに行ってみるつもりですダッシュ(走り出すさま)
受けたら報告します!


とりあえず私が日本で受けたのは、
破傷風ワクチン 1回 (1回3500〜5000円)
狂犬病ワクチン 2回 (1回10000〜12500円)
A型肝炎ワクチン 2回 (1回7500〜9000円)
*料金は受ける機関やワクチンの製薬会社の種類によって違うみたいです。

海外(タイ)で接種予定は
黄熱ワクチン 1回

破傷風土壌中に棲息する嫌気性の破傷風菌が、傷口から体内に侵入することで感染を起こす。菌の出す毒素によって口が開かなくなったりけいれんを起こしたり、死亡することもある。菌は世界中どこにでもいる。
乳幼児期に三種混合ワクチンを4回接種していれば十分な免疫ができるが、1回のみの接種では免疫は出来ない。

私は追加で1回受けときました!

狂犬病日本では1958年以降見られていないが、発展途上国では狂犬病の発生が多く、中でもインド、中国、東南アジア、中南米では日常的にみられる。
一般には感染した動物の咬み傷などから唾液と共にウイルスが伝染する場合が多く、傷口や目・唇など粘膜部を舐められた場合も危険性が高い。人への感染源のほとんどがイヌであるが、イヌ以外の野生動物も感染源となっている。
発症後の死亡率はほぼ100%で、確立した治療法はない。
4週間隔で2回皮下接種し、さらに6〜12ヵ月後に1回追加接種。
*噛まれた場合、1年以内にワクチンを受けている場合は、噛まれた日に1回、2年以内に受けている場合は噛まれた日と3日後に1回づつワクチンの追加接種を受ける。

発症後の死亡率はほぼ100%とは怖すぎるので、とりあえず2回受けときました。

A型肝炎A型肝炎ウイルスは全世界に分布する。感染力は比較的強く、患者の発生数と居住環境の衛生状態には関連性がある。
上下水道が整備されている先進国での発生は少ないが、衛生環境の劣悪な地域では蔓延している。
発展途上国では生鮮食品、水(飲料水、市販の飲み物、プール、河川)からの感染が見られる。
2〜4週間隔で2回、さらに6ヵ月後に追加接種を行うが、短期の海外旅行や出張では2回でも十分な免疫ができる。

絶対に食事はするので感染する可能性はある!?と思い、2回受けました。

黄熱病蚊によって媒介される黄熱ウイルスを病原体とする感染症。
1回接種の生ワクチンによって予防可能。
流行地域や流行可能地域では入国に際して公的機関発行による国際予防接種証明書(イエローカード)を求められることがある。
イエローカードが有効なのは接種10日後から10年間であり、再びイエローカードを取得するには再接種しなければならないが、免疫自体は再接種せずとも健康者においては終生持続するのではないかとする見方がある。
日本ではイエローカードの発行権限の関係から各地の指定された検疫所でのみ予防接種を受けられる。

イエローカードの提示が求められるらしいアフリカや南米にも行く予定なので、絶対に受けないと!

狂犬病とA型肝炎の3回目は、受けるか迷ってます。
というか、感染の多いアジアの国々には始めの半年ほどで周る予定なので、3回目は必要ない気がします。

あと、マラリアの予防薬についてですが、
処方して欲しいと先生に言ったところ、副作用が強いのであまりお勧めしないと言われました。
飲み続ける必要があるので、副作用が出ると旅も楽しめないし。
それよりも、蚊にさされないようにスプレーなどをすることの方が有用だと言われました。
そういうわけで、私はこまめにスプレーで予防することにしますexclamation×2



【航空券+ホテル】海外旅行エクスペディア★パッケージツアー

【JTB】タイ・香港・バンコク…人気のアジアツアーはこちらで検索

posted by saki at 22:46| 大阪 ☀| Comment(1) | 世界一周(準備) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

世界一周準備!【海外旅行保険A】編

今回は、海外旅行保険についての続編です!

【海外旅行保険@】編で保険会社の出している海外旅行保険について述べました。
今回は、クレジットカード付帯保険や、保険に関する私の素朴な疑問とその答えについてです。


まず、クレジットカード付帯保険についてです。

私は短期の海外旅行は、クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用しています。
クレジットカードには、海外旅行損害保険が付帯されているものがあります。
付帯にも2パターンあり、自動付帯利用付帯があります。
自動付帯とは、旅行に持って行くだけで保険が付帯されるもの。
利用付帯とは、航空券など旅費をカードで支払いすることで付帯されるもの。
基本的にどちらも最長で90日間です。

そういうわけで、90日を越える旅行を計画しているならば、クレジットカード付帯保険だけではまかなえないというわけです。

では、
「最初の90日は付帯保険を利用して、残りの期間を他の海外旅行保険に加入すればいいじゃん!」って思いますよね!私もそう思いました。
残念ながらそれはできないのです・・・。
海外旅行保険は、原則的に出国前に加入しなければならないからです。
さらに、出国前3ヶ月以前には加入できないものがほとんどです。

しかし、クレジットカード付帯の補償がある期間(90日間)は、カード付帯補償金額と保険金額の合計額が限度額となります。
さらに、クレジットカードを何種類か持っている方なら複数の補償が合算されます。
無料で発行出来るクレジットカードもたくさんありますし、旅行中はなにかとクレジットカードを利用するので、何枚か持っていてもいいんじゃないでしょうか手(パー)

ちなみに私の使用しているのは利用付帯の楽天カードの海外旅行保険。
無料でクレジットカード発行出来るのに、補償額が結構充実していてお勧めですグッド(上向き矢印)
           ↓   ↓   ↓   ↓
楽天カード 期間限定 新規入会キャンペーン実施中!


クレジットカードをお持ちでない方や、もう一枚作っておこうかなって思った方!
ここで注意exclamation×2
収入がなかったり、勤務先が記入できないとカードを作れない場合がほとんどです。
ですから、絶対に仕事を辞める前に作っておいた方が良いですexclamation×2
私が失敗したなと思ったので・・・


ここから、私が保険会社に質問した事とその返答を紹介します。

Q.期間は約1年半ほどを予定していますが帰国日は未定です。その場合、1年の保険を契約して延長していったほうが良いのか、2年など長めにかけておいた方がいいのでしょうか。
A.海外旅行保険は、海外旅行の目的をもって住居を出発してから住居に帰着するまでの旅行行程を対象にした保険です。従いまして、旅行期間が1年半の予定であれば、保険期間は1年半と定めてご契約いただく事になります。
旅行期間の延長手続きをされる場合は、日本国内のご家族やご友人に延長手続きをご依頼いただきます。

Q.長めにかけた場合、日にち単位または月単位でキャッシュバックはありますか?
A.予定の保険期間終了前に帰国された場合は解約手続きをお取りいただきますと、残りの期間に応じて、差額を返戻することになります。保険料は保険期間に応じて定めらいるため、解約日により、日にち単位の場合と、月単位の場合がございます。

Q.時々日本に帰国するかもしれません。一時帰国しても保険は継続できますか?
A.保険期間が31日を超える場合は、一時帰国中を「旅行行程」とみなすため、次の補償は継続されます。
傷害死亡、傷害後遺障害、疾病死亡、傷害治療、疾病治療、
治療・救援費用、賠償責任。
但し補償期間は日本国内の居住者は30日です。


【結論】
延長手続きは日本にいる家族か友人に頼まないといけないので、自分も頼まれた方も面倒ですね・・・その手間を考えると、キャッシュバックもある事ですし、期間が未定であれば、大体の期間か、むしろ長めに加入しておく方が良さそうですね!
また延長となると、延長できるか審査されるわけですが、加入期間に保険を頻繁に使ったり限度額を越していると延長できないことが多いようです。
やはりそう考えても、最初に長めに入っておく方が良さそうですねひらめき


世界で一番使えるカード!三井住友VISAカード

おサイフくんなら年会費永年無料!





posted by saki at 23:56| 大阪 ☁| Comment(1) | 世界一周(準備) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月30日

世界一周準備!【海外旅行保険@】編

今回は海外旅行保険についてです。
これもまた、時間をかけて色々と調べました手(グー)

保険は何かあったときのもの。何もないに越したことはないけど、何か起きたたら大変がく〜(落胆した顔)
安心を買うと思って、多少お金を出しても入っておくべきです手(パー)
命は自分だけの問題ではないので、ご家族と話し合って決めてはどうですか。

世界一周された方のブログを拝見させてもらって参考にしようと思いましたが、
2010年秋に全保険会社が海外旅行保険料を一斉値上げされたことにより、
それ以前に書かれたブログやホームページはあまり役に立ちませんでしたたらーっ(汗)
そこで、ほとんど一から調べなおしましたあせあせ(飛び散る汗)

海外旅行保険って、セットプランで1年以上となると、かなりの金額になりますふらふら
でも補償内容を見ていたら、
これ掛ける必要ある?」とか、「こんなに補償いらんやろ!?
なんて思う事が多い。
日本に帰ってきて、「高い金額を払って保険に入ったけど、結局無駄だった
なんて思いたくないですからね。

そこで私は、欲しい補償と金額を自分で組み合わせて“バラがけ”が出来る保険(フリープラン)を選ぶことにしました。


*ここから保険会社との取引や契約について述べていきますが、保険に入れるかどうかは代理店や対応者の判断による場合があるようですので、参考程度に。

2010年の保険料の値上げにより、残念ながら以前よりかなり保険料お高くなってますたらーっ(汗)

私は1年半の旅行予定なので、長期(1年以上)の海外旅行保険を扱っていてフリープランのある会社を、
ジェイアイ傷害火災
損保ジャパン
三井住友海上
日本興亜損保
の4社に絞りました。

ジェイアイ傷害火災は、JTBが作った保険会社で、JTBの店頭で詳しい話を聞いたり、加入することができます。
保険料が安いと聞いていたので、話を聞きに行きました。

【結論】6ヶ月以上の期間で世界一周旅行(訪問国が世界中にわたる)の場合、
加入できません
留学やワーキングホリデーに対しては最長5年まで保険期間がありますが、世界一周旅行の期間にたとえワーキングホリデーが含まれても長期旅行として扱われます。
ジェイアイの長期旅行プランは最長で6ヶ月です。


損保ジャパンは、2010年以前はフリープランでの掛け金が一番安かったようです。
しかし、ネットで探しても90日以上の見積もりが出来ません。
しかし店頭や代理店では、最長5年まで加入できるようですひらめき

また、色々な方のブログを拝見していますと、世界一周の保険に詳しいと評判の
金子秀人損害保険事務所」さんに見積もりをお願いされた方がよくいらっしゃいます。
こちらでも、損保ジャパンでの見積もりを提供していただけます。
慣れていらっしゃるので対応が早く、詳しい料金表も添付していただけます。

【結論】損保ジャパンセットプランの方がお得exclamation
フリープランだと、補償額に対して掛け金が割高になるようです。

<1年>(わかりやすいように1年で比較)
傷害死亡・後遺障害  なし
治療・救援費用   1,000万円
疾病死亡       なし
賠償責任      5,000万円
携行品損害     30万円
航空機寄託手荷物  10万円
航空機遅      2万円

このセットプランで、保険料125,050円
損保ジャパン最安値でした。(2011.11.30)


三井住友海上日本興亜損保は、簡単に保険料を計算してくれるサイトがあります↓
http://www.aienu.com/midlng/index_koa.htm

最終的に、私はこの2つの会社に絞りました。
保険料は最低限でいい、補償額よりも保険料が少しでも安い方がいいexclamation
と思っている方にはお勧めですひらめきどちらの保険もバラがけ出来て、保険料が安くできます。

【結論】最低の補償額で良いならば、日本興亜損保三井住友海上グッド(上向き矢印)

この2社で何が違うかというと、日本興亜損保の保険料の方が少し安いですひらめき
ただ会社によってオプションやサービスが違ってくるので、自分の希望にあった会社を選ぶといいと思います。
三井住友海上には、テロ等対応費用や弁護士費用などのオプションがあります。

ちなみに勝手に考えた私のお勧めフリープランは
<1年>(わかりやすいように1年で比較)
傷害死亡・後遺障害  なし  ・・・たぶん死ぬ事はないでしょ
治療・救援費用   200万円  ・・・とりあえずこれでいいかな
疾病死亡       なし  ・・・病気では死なんでしょ
賠償責任      1億円  ・・・掛け金安いから最高額にしとこ
携行品損害     20万円 ・・・高いものはPCとカメラくらいだからこれくらいでいいか
航空機寄託手荷物   なし
航空機遅       なし

これで日本興亜損保110,820円三井住友116,380円
もちろん補償額をもっと安くすれば、10万以下に収めることもできますよexclamation
まぁ補償額でいえば、損保ジャパンの方が割安ですね・・・


海外旅行保険Aに続く・・・




円高の今こそ海外へ!JTBはお得なツアーが盛りだくさんです

世界で一番使えるカード!三井住友VISAカード

アメリカン・エキスプレス



posted by saki at 23:17| 大阪 ☁| Comment(1) | 世界一周(準備) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。