2011年07月09日

2011.5.10〜5.14 クロアチア(スプリット〜プリトヴィッツェ湖群国立公園〜ザグレブ)

ドブロブニクからスプリットには、バス1人112Kn(荷物1人7Kn)バス
約6時間かけて、到着!

さっそく宿に向かった。スプリットで2日間泊まった宿は ana hostel(1人1泊11€)。
DSC03320.jpg
この宿は道路を挟んで向かい側に旧市街があり、バスターミナルも近いという絶好の宿!
ネットも使えるし、キッチンも使える。なにより安い!!お勧めひらめき

旧市街を少し歩き、海沿いを歩いてみた。
DSC03321.jpg
夕日が美しい!そこでカップルが結婚式の写真を撮ってた。

翌日は朝からスプリットの街を散策。
DSC03331.jpg
スプリット旧市街
DSC03332.jpg
旧市街を歩いていると、私の名前を呼ぶ声が!
偶然にも、ハンガリーの日本人宿アンダンテで出会った大沢さんと再会!
なんて偶然なんだろうexclamation×2
せっかくなので、一緒に観光することに。

DSC03330.jpg
ホステルのすぐ近くにある青空市場
DSC03327.jpg
青空市場では、昔ながらやり方で、天秤とおもりを使って品物を量り売りしていた。

DSC03333.jpg
港で大沢さんとお別れ。
嬉しい、つかの間の再会でした。

次の日は、この旅のメインとも言える、
プリトヴィッツェ湖群国立公園ダッシュ(走り出すさま)

利用したのは、CROATIA BUS1人155Kn(荷物1人7Kn)。スプリットバスターミナルで購入。

ホテルは公園内にある3つのホテルのうち、一番安く泊まれるHotel Bellevue(ツインの部屋2人で1泊68€)に宿泊!
公園内のホテルは人気が高いので、予約が必須!
利用したのはBOOKING.COMというサイト。
http://www.booking.com/

国立公園のホテルに泊まる利点
@泊まっているホテルのスタンプをチケットに押して貰えば、宿泊中何度も入園できる
A朝ごはんがビュッフェで食べ放題
Bホテルからバス停まで近い

そういうわけで、近辺のホステルより高いですが、ゆっくり満喫したいなら公園内のホテルを利用することをお勧めしますひらめき

私達は、着いた日の午後と次の日の午前中、2回入園。
DSC03811.jpg
スタンプしっかり押してもらいましたるんるん

DSC03615.jpg
公園内は、足場がしっかり組まれていて歩きやすい手(チョキ)

DSC03347.jpg
水の透明度が半端ないexclamation×2

DSC03345.jpg
水面の鳥と、水中の魚
境界がわからないあせあせ(飛び散る汗)

DSC03382.jpg
大きい湖小さい湖。いーっぱいあるけど、全部綺麗ぴかぴか(新しい)

DSC03387.jpg
もあって、気持ちいい!

2日目は朝起きたらあいにくの雨雨
DSC03391.jpg
ビュッフェの朝ごはんは豪華!

*チェックアウトしても、荷物はHOTEL PLITVICEに無料で置いて公園に入ることが出来ます。

公園内を歩いていると、さっきまでの雨が嘘のように晴れてきた晴れ
DSC03354.jpg
やっぱり透明度スゴイ!
DSC03366.jpg
昨日みた湖でも、光の角度が違うと違って見える。
DSC03411.jpg
めっちゃエメラルドグリーンぴかぴか(新しい)

2日に分けて、ゆっくり国立公園内を見ることができたので、かなり満喫することが出来ましたかわいい

午後からザグレブに移動ダッシュ(走り出すさま)
ザグレブ行きのバスは、1日に4〜5本程度しかないので注意ですexclamation
CROATIA BUS(1人96Kn荷物込み)
*チケット売り場が無いので、料金はバスの中で支払います。

ザグレブでは予約していたfunk hostel(1人1泊13€)に宿泊。
トラム代をケチって、バスターミナルから歩いたら40分もかかってしまった。
DSC03426.jpg
ホステルは、キッチンも使えて、内装は名前の通り、funkyだった(笑)

クロアチアも最後の日。
期待以上の感動をくれた国ぴかぴか(新しい)
正直、この旅で一番心に残った国でした黒ハート


スロベニア編につづく→


ヨーロッパを巡る旅

海外ホテルもお得に予約!じゃらんnet




posted by saki at 17:45| 大阪 ☀| Comment(0) | ヨーロッパの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。