2011年07月07日

2011.5.8〜5.10 クロアチア、モンテネグロ(ドブロブニク〜コトル〜ドブロブニク)

モスタルから午前10時発のバス1人13€(荷物1人8Kn)でドブロブニクに出発ダッシュ(走り出すさま)

モスタルからドブロブニクへ向かう途中の景色は、川がグリーンに輝いていて美しかった。

13:30にドブロブニク到着!天気はとても良い晴れ

宿泊予約していたのはzio apartment(1人1泊11€)
だいたいの地図は見ていたが、地図では分からなかった想定外の事があせあせ(飛び散る汗)
宿が、かなり坂の上の場所にあるということexclamation×2

バックパックを背負って、汗だくになって宿を探したが、なかなか見つからず・・・
やっと見つかって一息。

オーナーのZioは、気さくな優しい人だった。
特別に宿泊費はそのままで、一番イイ部屋を用意してくれたexclamation

部屋からの眺めは最高るんるん
DSC03233.jpg
見よ!この景色!!!

紅の豚』の舞台になった街っていわれてる。
たしかに分かる気がする〜ひらめき

シャワーを浴びて、明るいうちに旧市街へ行くことに。
宿からは、なかなか遠い・・・
DSC03216.jpg

DSC03218.jpg
旧市街の入り口。

DSC03315.jpg

DSC03221.jpg
旧市街の町並み。

旧市街は、プラツァ通りをはさんで北と南で価格が全然違うとZioが教えてくれた。
北側の店は高くて、南側の店は安い!
南側でこの旅初めてかもしれない、ファーストフードを購入!
あまりに大きくて美味しそうだったのでわーい(嬉しい顔)
DSC03229.jpg
このピザ、なんと13Kn(=165円)
味もとっても美味しかった揺れるハート
DSC03223.jpg
クロアチアの雑貨も可愛いかわいい

買い物して、また坂を息を切らして上り・・・宿にかえりました。
DSC03230.jpg
夕方の景色。
DSC03288.jpg
夜の景色。

時間によって違う美しさ。何度見ても見飽きない揺れるハート
坂を上って宿にたどり着くのは大変だけど、この美しさで疲れは吹き飛ぶダッシュ(走り出すさま)

次の日は、モンテネグロコトルに日帰り旅行!

ドブロブニクからコトルまでは、バスで1人113.3Kn
1日2〜3便あるが、日帰りを予定していたので、1番早い10:30発のに乗った。
帰りの便は、現地で取らなくてはならず、何時の便があるかもわからず、
日帰りできるか不安に思いながらも出発バス

国境を越えるので、途中パスポートチェックもされた。
バスは、グネグネと入り組んだ海岸沿いを走る。
海は青く、囲む山はとても高く、岩むき出し!
残念ながらその日は曇りだったが、晴れていたらもっと美しい景色が見れたんだろうなバッド(下向き矢印)

13:00コトル到着!
すぐに帰りのバスチケットを購入しに行った。
その日最後の、14:45発の便があったのでそれを購入。1人14€
1時間半は観光できる!小さな街なので大丈夫だろう。

DSC03247.jpg
写真だと分かりにくいけど、斜面に城壁が!万里の長城みたいexclamation

DSC03517.jpg

DSC03254.jpg

DSC03518.jpg
旧市街の町並み。

DSC03256.jpg
少し丘の方からみたらこんな感じ。

DSC03257.jpg

DSC03258.jpg
対岸には別の街が見えるよ。

本当に小さな街だったので、1時間で廻りきれるほどだった。

滞在時間1時間45分
天気が悪かったのが残念だけど、モンテネグロも味わうことができましたるんるん

コトルから帰るバスから、ドブロブニク旧市街が見えました。
上から見るとやっぱり美しいぴかぴか(新しい)

ドブロブニク最後の日。
次向かう先は、スプリット
DSC03283.jpg
バスの運行表。
14:30発の便、1人112Kn(荷物1人7Kn)を購入。

出発の時間まで、旧市街を上から見に行ってみることにした。
車の通ビュンビュン通るJadranska道路沿いをビビリながらひたすら歩いて旧市街の方へ。
DSC03306.jpg
やっと見つけたこの景色!やっぱり綺麗ぴかぴか(新しい)

DSC03300.jpg
大変だったけど、見に来て良かった揺れるハート

ドブロブニクは天気にも恵まれ、美しい景色を満喫できました手(チョキ)


クロアチア(スプリット)編につづく→



H.I.S. ヨーロッパツアー

【SALE!】JTB海外ツアー、夏休み前の大特価!燃油込みで驚きの価格をお届け

posted by saki at 16:42| 大阪 ☔| Comment(0) | ヨーロッパの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。