2011年07月07日

2011.5.7〜5.8 ボスニア・ヘルツェゴビナ(ブダペスト〜ザグレブ〜モスタル)

ブダペストからザグレブまでは鉄道を利用し、1回乗り換えで約6時間半ほどで到着電車
2等席だというのに、6人掛けの席が個室のようになっていて快適だった。
途中、列車の中でパスポートチェックもあった。

相方と相談した結果、せっかくなので世界遺産のあるボスニア・ヘルツェゴビナのモスタルにも寄ってみようということになり、
ザグレブ(クロアチア)→モスタル(ボスニア・ヘルツェゴビナ)→ドブロブニク(クロアチア)
というルートを選択した。
モスタルには、ザグレブから夜行バスで向かうことにバス

ザグレブ中央駅に着くと、バスターミナルへ移動した。
バスターミナルは駅から歩いて20分ほどかかる。

バスターミナルに着くと、さっそくモスタル行きのチケットを買うことにした。
DSC03821.jpg
PANORAMABUS、22:30発モスタル行き。1人160Kn
バスに乗る際大きな荷物を預ける際には、さらに1つにつき1€払わなくてはならない。

クロアチアのバスの時刻表はこのサイトで見れます。
http://www.akz.hr/EN/voznired.aspx

夜行バスで移動中寝ていると、途中起こされ、パスポートチェックされた。
ボスニア・ヘルツェゴビナに入国ダッシュ(走り出すさま)

朝6時頃また起こされ、「モスタル?」と聞かれたので「Yes,モスタル!」と言うと、バスを乗り換えろと、向かいにいるバスに乗せられたあせあせ(飛び散る汗)
寝起きで何がなんだかわからないまま、とりあえず言われるがままバスを乗り換えたたらーっ(汗)
不安ながらも1時間ほどすると、モスタル到着。良かった。

午前7時モスタル到着。
ここは観光地なのだろうか?というほど静かな場所。早朝だから?

まずはドブロブニク行きのバスチケットを購入しておく。
モスタルからドブロブニクへは1人13€。荷物は1人8Kn
午前10時発のバスに乗ることにした。

街を歩いていると、すぐにこんな壁を目にした。
DSC03440.jpg

そう、1993年の紛争による弾痕だ・・・
1993年以前からある建物には、弾痕がたくさん残っていた。

DSC03208.jpg
紛争後、廃墟となったのだろう。
このような建物もたくさんあった。

DSC03206.jpg
映画のセットみたいだけど、これが現実に起きたことなのだよもうやだ〜(悲しい顔)

元々公園らしき場所や、丘の斜面にたくさんのお墓があった。
〜1993年と刻まれているのがほとんど。
お墓の場所が足りないほど、紛争で犠牲者が出たのだろう。

1993年、私は9歳。
日本で何事もなく平和に幸せに暮らしてた。
世界のどこかでこんな悲惨なことが起きているなんて知らずに。
ここで何が起きたのか、想像するだけで恐ろしい。

モスタルの旧市街は、イスラム文化が色濃く残っている。
トルコ好きな私は、トルコに似たオリエンタルな雰囲気のあるこの街にワクワクしたグッド(上向き矢印)

しばらく歩いていると、スターリ・モストに着いた。
DSC03211.jpg
世界遺産スターリ・モスト
1993年の紛争で破壊されたが、2004年に復元されたんだって。


スターリ・モストから見える景色は美しいぴかぴか(新しい)
DSC03462.jpg
川の色がブルーに輝いてる!

DSC03460.jpg
スターリ・モストの端に置かれた石碑。忘れてはいけない・・・

わざと弾痕の残る壁を1部残して改装してある建物もあった。
悲しみを忘れてはいけない。

滞在時間3時間
色々考えさせられる街だった。

DSC03454.jpg


クロアチア編につづく→


海外ホテルもお得に予約!じゃらんnet



posted by saki at 14:12| 大阪 ☔| Comment(0) | ヨーロッパの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。